「ホームレス ニューヨークと寝た男」

Introduction
究極のミニマリスト?サバイバルの達人? ニューヨークで家を持たずに暮らす方法とは?
マーク・レイ、52歳。ファッションモデル兼フォトグラファー。高級スーツを着こなすハンサムな彼は、一見誰もが羨む“勝ち組”だが、実は6年近くもマンハッタンのアパートメントの“屋上”に秘密で寝泊まりしている。家族や恋人をも持たず、厳しい競争社会で生き残るために編み出した「家を持たない」ライフスタイルとは?元モデル仲間でピエール・カルダン等の企業PVを手がける、オーストリア出身監督が3年間密着。音楽をクリント・イーストウッドの長男でジャズベーシストのカイル・イーストウッドが書き下ろした。

<以上、プレスシートより>

 

ニューヨークという街の光と影をマーク・レイという一人の男が

体現した”That’s so New York”な映画です。

 

「ニューヨーク」で「ホームレス」

このワードだけですと、路上や地下鉄等で慈悲を乞う

ステレオタイプな画を想像してしまいますが、

この映画の主人公マークはファッション業界に

身を置いているということもあり身なりは綺麗、

プライドもあるのか慈悲を乞うようなシーンもありません。

むしろ自ら自分の人生にとって大切なものに優先順位付けをし

取捨選択した結果の生活であり、

その姿には堂々とした佇まいすら感じます。

 

 

ホームレス生活をしてまでニューヨークという街に固執する

その姿は極端な例ではあるものの、NYに留学した経験や

行かれたことがある方なら誰もが共感できるポイントが

あるのではないでしょうか。

 

昨今、「ミニマリスト」「断捨離」という言葉が

飛び交うようになりましたが、

そのような社会背景も相まって自身の生活を

見つめ直す一つのきっかけにもなるかも!?

 

「グラントリノ」でも印象的であったカイルイーストウッドの

奏でるジャズミュージックもより風景を浮き彫りに際立たせ、

冒頭からニューヨークの街へと誘ってくれます。

 

オススメの映画です!是非劇場にてご覧ください!

 

 

「ホームレス ニューヨークと寝た男」

2017年1月28日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

原題:HOMME LESS
監督:トーマス・ヴィルテンゾーン
出演:マーク・レイ
音楽:カイル・イーストウッド/マット・マクガイア
上映時間:83分
製作年:2014年
製作国:オーストリア・アメリカ合作
配給:ミモザフィルムズ

公式サイト:http://homme-less.jp/
Twitter: @Hommeless_movie
Facebook: @HommeLess.jp
Instagram: homme_less.jp

Similar Posts:


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.